色んな情報まとめサイト

【社説】毎日新聞「「辺野古」への政府対応 もう押しつけは通じない」[H30/10/10]

    

1 :2018/10/10(水)10:37:53 ID:???

◎記事元ソース名/社説:「辺野古」への政府対応 もう押しつけは通じない

翁長雄志(おながたけし)前沖縄県知事の県民葬に政府から菅義偉官房長官が出席し、「基地負担の軽減に
向けて一つ一つ確実に結果を出していく決意だ」との安倍晋三首相の弔辞を代読した。
週内には玉城(たまき)デニー新知事が東京を訪れ、菅氏ら関係閣僚と会談する見通しとなっている。
4年前の翁長知事就任時、首相や菅氏が4カ月も会談せず、県との対立を決定的にしたのと比べれば、
政権側は対話に前向きなようだ。

ただし、玉城氏が米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設に明確に反対しているのに対し、
政権側は米政府と合意した計画通りに移設を進める姿勢を崩していない。
首相は「沖縄に寄り添う」と繰り返してきた。
ならば、2回の知事選で示された「辺野古ノー」の民意にきちんと向き合うことが必要だ。
外交・安全保障政策は確かに政府が責任を負う。日米安保条約に基づく履行義務もある。

一方で憲法は地方自治を定める。どこに基地を置くかまで地域の理解を得ずに政府が勝手に決めてよいことにはならない。
そのような押しつけは国と地方を対等な関係とうたう地方自治法の精神にも反する。

翁長氏の訴えた「沖縄の自己決定権」を踏みにじるかのような政府の対応が反発を買い、沖縄知事選で
史上最多の39万票という玉城氏の得票につながったと考えるべきだ。
そうした反省に基づき、県側が方針決定に関与できる形で真摯(しんし)な協議を行うほかに打開策はない。

安倍政権は翁長県政時代、1カ月の集中協議期間を設けたり、裁判所の和解案で県側との協議を促されたりした経緯がある。
そのたびに形だけ話を聞き、移設工事を強行するアリバイづくりに使ってきたのではないか。
同様の姿勢を続けるなら、問題解決の道は遠のくばかりだ。

(以下略)

http://mainichi.jp/articles/20181010/ddm/005/070/069000c

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 86◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537529686/
--------
【お知らせ】
「偽テンプレを貼る荒らし・嫌儲の荒らし」が現れましたら、
通報協力をお願い致します。
--------

8 :2018/10/10(水)12:41:49 ID:0Cl

え?通じますけど何か?
今までは温情で見逃してやってたが、県外どころか国外の活動家()が多数混じっている事が明らかになった今、バシバシ制圧して欲しい。

11 :2018/10/10(水)13:31:15 ID:48u

毎日新聞の土地を無償提供したなら説得力あるけどな

10 :2018/10/10(水)13:19:37 ID:pv7

変態だから、国民からの批判を受けて、気持ち良くなっているんじゃないか?

9 :2018/10/10(水)12:43:08 ID:MHI

最高裁の判断に異を唱える新聞ってことですかw

23 :2018/10/10(水)17:52:54 ID:8Oo

>>22
堤防の例え話とやらを詳しく

15 :2018/10/10(水)14:21:23 ID:2z5

願望書くのも結構だけど
デニーが既に中折れしかかってるのなんとかした方が良いんじゃねーの?w

12 :2018/10/10(水)13:40:54 ID:eaq

国策及び同盟国同士の政策に対し、低俗な県知事や新聞社の押し付けこそ通用しない。
立場を弁えろよ。

6 :2018/10/10(水)11:49:26 ID:NCh

琉球省化実現の前に本国が割れると思うぞ

6 :2018/10/10(水)11:49:26 ID:NCh

琉球省化実現の前に本国が割れると思うぞ

2 :2018/10/10(水)10:40:43 ID:pSm

だから鳩山政権前の過程を何で無視するんだよ?
そこも含めて考察してくのが「マスコミ」様の使命だろうが

スポンサードリンク