色んな情報まとめサイト

【芸能】<松本人志>「M−1」に感激!「おっさんやから泣きそうになった」

    

1:2018/12/02(日) 23:56:46.53ID:CAP_USER9

テレビ朝日系の若手漫才師日本一決定戦「M−1グランプリ2018」(後6・34)が2日、東京都内で行われ、霜降り明星が制覇し、賞金1000万円と“平成最後の漫才日本一”の栄冠を手にした。

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(55)は「前半は全体的に重かった。後半はみんながチームプレみたいな感じで漫才を盛り上げてくれて、俺はおっさんやから泣きそうになった」とねぎらった。

12/2(日) 22:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000592-sanspo-ent
83:2018/12/03(月) 00:44:31.85ID:8t4yWYEQO

皆が一生懸命頑張る素敵やん

113:2018/12/03(月) 03:47:40.23ID:xxCqZGJe0

>>108
天才で売りたい吉本が
撮らせた映画がクソつまらなく
一切、監督をしなくなった松本の生き様が面白いだろ。

123:2018/12/03(月) 05:03:31.73ID:eI3zT5160

巨人が思った以上に若手漫才勉強してて良かった。点数やアドバイスも的確で1番高評価

41:2018/12/03(月) 00:11:28.18ID:vSUnkgyq0

会場の空気がドヨ〜〜〜として暗かった。

63:2018/12/03(月) 00:19:39.08ID:wSzd1pDF0

4:2018/12/02(日) 23:58:21.62ID:Syoc+lck0

熱いな

61:2018/12/03(月) 00:19:13.21ID:jBAmL7530

>>14
本人乙

7:2018/12/02(日) 23:59:04.37ID:fKMfdLzH0

ジャルジャルおもしろいwwwww

48:2018/12/03(月) 00:12:59.32ID:cL26ibMK0

お前らこういうの夢中になってみてるのか

芸能界大好きなんだな

167:2018/12/05(水) 00:38:20.15ID:uQndPvZ00

歴代M-1決勝1stラウンド獲得平均点上位ランキング(平均92点以上のみ抜粋)

1位 96.1点 2004(※紳助・松本は欠席)アンタッチャブル →優勝
2位 95.4点 2010 笑い飯 →優勝
2位 95.4点 2010 パンクブーブー (敗者復活) →3位
2位 95.4点 2009 笑い飯 →準優勝
5位 94.9点 2006 チュートリアル →優勝
6位 94.7点 2003 フットボールアワー →優勝
7位 94.6点 2018 霜降り明星→優勝
8位 94.1点 2005 ブラックマヨネーズ →優勝
9位 94.0点 2016 銀シャリ →優勝
10位 93.8点 2016 和牛 (敗者復活) →準優勝
11位 93.7点 2003 笑い飯 →準優勝
11位 93.7点 2018 和牛→準優勝
13位 93.3点 2017 和牛 →準優勝
14位 93.0点 2009 パンクブーブー →優勝
14位 93.0点 2007 サンドウィッチマン (敗者復活) →優勝
16位 92.9点 2017 ミキ →3位
16位 92.9点 2007 キングコング →3位
18位 92.7点 2015 ジャルジャル →3位
18位 92.7点 2008 オードリー (敗者復活) →準優勝
20位 92.3点 2007 トータルテンボス →準優勝
20位 92.3点 2005 麒麟 →準優勝
22位 92.1点 2017 とろサーモン →優勝
23位 92.0点 2010 スリムクラブ →準優勝
23位 92.0点 2008 ノンスタイル →優勝

スポンサードリンク

※サンドは極めて得点が伸びやすい敗者復活枠にも関わらず歴代でもベスト10圏外です
点数的に見ても近年優勝争いに絡んでいる和牛でさえサンド以上の点を3回出しており、2017年大会3位のミキでもサンドと同クラスの得点を出しています
これは優勝すらしていない和牛やミキにさえ勝てない点数だということです
サンドが歴代トップクラス勢には一枚落ちる位置にあるということは明白ですね
サンドを歴代一位に挙げる奴は過去の大会もまともに見ずに推しているニワカサンド信者か、非よしもとという下らない理由だけで支持してる単細胞ですw
そもそもサンドは同系統のコント漫才としての究極系であるアンタッチャブルの足元にも及びませんし、後発のパンクブーブーにも記録と完成度で負けています
正統漫才としての完成度もフット・ブラマヨ・チュート以下ですし、インパクトと実績でも笑い飯には敵いません
そしてサンド自身2007年以降は優勝時に記録した651点クラス以上の完成度のネタを披露していないため、歴代でも14位が彼らの限界値ということになります