色んな情報まとめサイト

【COOL】米沢伝統の「裸もちつき」

    

元スレ

1:2018/12/04(火) 20:46:00.92ID:CAP_USER9

米沢伝統の「裸もちつき」

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20181204/6020002493.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

年越しを前に、さらしを巻いた男たちが豪快に餅をつく伝統の祭り、
「裸もちつき」が米沢市の寺で行われました。

この祭りは、350年余り前、凶作に苦しむ農民が千眼寺の砂を田んぼにまいたところ、
豊作になったことから、感謝をこめて餅を供えたのが始まりとされています。
毎年、年越しを前にした、この時期に行われ、4日は早朝から
さらしを巻いた地元の若者、20人余りが境内に集まりました。
そして、「つけよ、つけつけ、宝の餅を」などと威勢のいいかけ声を上げながら、餅をつきました。

30分ほどで餅がつきあがると、細長いきねで持ち上げて天井目がけて勢いよくぶつけていました。
祭りでついた餅を食べると、新しい年を健康に過ごせるとされ、
集まった市民たちがあんこや納豆をつけて味わっていました。

米沢市内から訪れた70代の男性は
「とてもおいしいです。ありがたいもちを食べられるのはこのうえない幸せです」
と話していました。
寺の鈴木一志住職は
「この餅を食べて、来年も皆さんが元気に過ごしてもらえることを念じています」
と話していました。

4日の祭りではおよそ500キロのもち米が使われ、1100人に餅が配られたということです。

12/04 19:04

 

スポンサードリンク

3:2018/12/04(火) 20:46:35.37ID:wL4VW3u+0

ハイっす!

4:2018/12/04(火) 20:46:53.15ID:+kTzJ56y0

お、おぅ

34:2018/12/04(火) 22:14:12.18ID:v1U1TrsW0

そこ裸になる必要ある?って350年間誰も指摘しなかったの?

25:2018/12/04(火) 21:12:06.24ID:i9Bso2Db0

ホモちつきかw

7:2018/12/04(火) 20:47:54.20ID:3OuIuGcZ0

クールポコ禁止

12:2018/12/04(火) 20:52:59.62ID:ZDYx+TDB0

服着ればよくね?

 

39:2018/12/05(水) 00:35:27.01ID:+LIja0e20

サマンサタバサでもやってるヤツか?

18:2018/12/04(火) 21:00:03.27ID:dWc1Ibiw0

スポンサードリンク
米沢の喧嘩祭といえば、六尺褌一丁の男達が、神輿を担いでぶつかり合う、
勇壮な祭として、この地方に知られている。
祭のあと、男達は集会所に集まり、普段着に着替え、飲み合う。
六尺は、激しい祭でドロドロボロボロになるから、使い捨てで、ゴミとして出される。
俺はいつもそれが狙いだ。
捨てられている六尺の、できるだけ汚れてる奴を10数本ほど、
こっそりさらって家に持ち帰る。
そして、深夜、俺一人の祭が始まる。
俺はもう一度汚れた六尺のみ身に付け、部屋中にかっさらってきた六尺をばら撒き、
ウォーッと叫びながら、六尺の海の中を転げ回る。
汚れた六尺は、雄の臭いがムンムン強烈で、俺の性感を刺激する。
前袋の中のマラは、もうすでに痛いほど勃起している。
六尺の中に顔を埋める。臭ぇ。
汗臭、アンモニア臭や、股ぐら独特の酸っぱい臭を、胸一杯に吸い込む。溜まんねえ。
臭ぇぜ、ワッショイ! 雄野郎ワッショイ!と叫びながら、前袋ごとマラを扱く。
嗅ぎ比べ、一番雄臭がキツイやつを主食に選ぶ。
その六尺には、我慢汁の染みまでくっきりとあり、ツーンと臭って臭って堪らない。
その六尺を締めてた奴は、祭で一番威勢が良かった、五分刈りで髭の、40代の、
ガチムチ野郎だろうと、勝手に想像して、鼻と口に一番臭い部分を押し当て、
思いきり嗅ぎながら、ガチムチ野郎臭ぇぜ!俺が行かせてやるぜ!と絶叫し、
マラをいっそう激しく扱く。
他の六尺は、ミイラのように頭や身体に巻き付け、
ガチムチ野郎の六尺を口に銜えながら、ウオッ!ウオッ!と唸りながらマラを扱きまくる。
そろそろ限界だ。
俺は前袋からマラを引き出し、ガチムチ野郎の六尺の中に、思いっきり種付けする。
どうだ!気持良いか!俺も良いぜ!と叫びながら発射し続ける。
本当にガチムチ野郎を犯してる気分で、ムチャクチャ気持ち良い。
ガチムチ野郎の六尺は、俺の雄汁でベトベトに汚される。
ガチムチ野郎、貴様はもう俺のもんだぜ!
俺の祭が済んだあと、他の六尺とまとめて、ビニール袋に入れ押し入れにしまい込む。
また来年、祭で六尺を手に入れるまで、オカズに使う。
押し入れにはそんなビニール袋がいくつも仕舞ってあるんだぜ。