色んな情報まとめサイト

いまや10人に1人がADHD!お前らの仲間が増えるよ!やったね!

    

1:2019/02/04(月) 15:08:41.58ID:ETv62nLM0●?2BP(2000)


10人に1人がADHD? 発達障害児が急増しているワケ
2/4(月) 9:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190204-00019749-gonline-bus_all&p=2

診断基準の変更、認知度の向上が大きな要因に

なぜこれほど、発達障害とされる子どもが増えているのでしょうか。

ひとつには、発達障害の診断基準が変更されたことで、該当する子どもの割合が増えたことが挙げられます。かつては、広汎性発達障害という上位概念のもとに、自閉症、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害などの下位分類が存在していました。
しかし、DSM‒5以降、症状の軽い状態から重度の状態までをスペクトラム(連続性)としてとらえる ASDという概念に統一されたために、該当する人の割合が増えたと考えられます。

しかし、それ以上に大きな要因としては、発達障害が多くの人に認識されるようになったことが挙げられます。

日本の場合は、2005年に発達障害者支援法が施行されたことにより、医療関係者のみならず、保健・福祉の関係者や教育関係者に発達障害が広く知られるようになりました。保育士や幼稚園教諭、
小学校の教員などの間に発達障害の知識が広まると、かつては「わんぱくな子」「落ち着きのない子」などとされてきたような子どもたちが、発達障害なのではないかといわれるようになったのです。
保護者に対して「発達障害の可能性があるので病院を受診してみてはどうか」と勧める先生も増えました。

また、発達障害に関する書籍も格段に増え、インターネット上にも情報が溢れているので、保護者が自分の子どもは周囲の子どもたちとどこか違うと感じたときに、情報にアクセスしやすくなったことも関係しているでしょう。

ためしに検索エンジンで「発達障害」と入力して検索してみると、発達障害のチェックテストや病院検索の機能を含む広告が、目に付くところに表示されます。
自分の子どもに育てにくさを感じていて、チェックテストをしてみたら発達障害の可能性が高いとなれば、病院へ診察を受けに連れて行ってみようと考えるのが自然な流れではないでしょうか。

発達障害の疑いがある子どもの受診率が上がれば、今まで見落とされていた子どもが、発達障害の診断を受けることになります。したがって、発達障害とされる子どもの数が増えるというわけです。

これ以外に日本特有の要因として、社会の許容範囲が狭くなったということも挙げられます。
以前の日本であれば、「活発でやんちゃな子」「突拍子もないことをするわんぱくな子」などと受け止められて、とくに問題にされなかったような子も、今の日本ではおとなしくお利口に振る舞うことを求められます。おとなしくできなければADHDなのではな
いか、などと疑いの目を向けられてしまうのです。

スポンサードリンク

 

4:2019/02/04(月) 15:11:01.75ID:gj5WTOpt0

いまだに光じゃないやつがいるとか、なんの修行だよ

133:2019/02/04(月) 18:03:12.99ID:/MtdgiOw0

発達障害というより個人のアビリティの差とは考えられないのかね

158:2019/02/04(月) 19:06:33.12ID:AgKqL2Nk0

>>1
ぶっちゃけ俺は昔からACDC評価してたからね。
やっとオマエらもブレない骨太ハードロックの価値に気づいたかって感じ。

14:2019/02/04(月) 15:16:03.84ID:IgliEWJ80

でも10人に1人がネトウヨじゃないから。

51:2019/02/04(月) 15:43:44.87ID:mSVsHSLw0

発達ガイジはすぐ周りに転嫁すんのね

208:2019/02/04(月) 23:23:57.47ID:fmiR4LP60

スポンサードリンク
発達障害の9割は精神科医が作ってるだけ
甘えだよ甘え