色んな情報まとめサイト

日本人の想像超える中国「爆走パワー」の現実 世界企業が生まれ、中国人が世界を席巻

    

1 :2018/10/05(金)12:15:13 ID:???

これまで日本人が中国について抱いてきたイメージとはまったく異なる「最先端のチャイナ」や「中国模式」(チャイニーズ・スタンダード)の世界が、いま現実のものとなっている。
万事「考え抜いてから進む」日本に対して、「つねに爆走しながら考える」のが中国式。

先日、過去3政権にわたって重要閣僚を務めた元自民党の大物政治家と会食した。
ふと見ると、御大の携帯電話はファーウェイ(華為技術)だった。2017年末に日本で発売され、クリスマス・シーズンの山手線の広告を買い占めて話題になった「Mate10」シリーズである。
「知人の家電量販店の店長に、『とにかくすばらしいスマホだから』と勧められて、買い替えたんだ。実際、使ってみると、5万円の携帯電話とは思えないほどの高性能で、以前持っていた日本製よりも優れモノだ。
実は最近、自宅の大型洗濯機もハイアール(海爾)製に買い替えたが、それまで使っていた東芝製よりも、安くて高品質だ。これまで長く、家電製品はメード・イン・ジャパンがいちばんという先入観があったけど、もはや中国製のほうが上なのかもしれないな」
御大はそう言って、ため息をついた。

中国人観光客による日本での「爆買い」は、すでに定着した感がある。観光庁によれば、2017年の中国大陸からの訪日観光客は735万5818人で、トップ。同じく観光庁の統計によれば、2017年に中国大陸からの観光客が日本で消費した額は1兆6947億円に上り、断トツである。
特に、少子高齢化の波が顕著な地方では、中国人観光客や中国からの投資は、「神風」とも言える現象を呼び起こしている。
実際、私も、このところ地方出張に行くと、「中国」の影響を感じないところはない。

箱根の芦ノ湖で遊覧船に乗ったら、私以外の乗客は全員中国人。船内放送は中国語で、もはや日本語の案内放送すらなかった。
もちろん東京にいても、最近は街で中国語の会話を聞かない日はないほど、中国人たちであふれている。
このように、いまや日本全体が、中国人たちの市場となりつつあるのである。

私は韓国へもよく行くが、いつも現地で、「近未来の日本を見ているようだ」と感じる。たとえば済州島では2010年から、50万ドル以上投資した外国人にグリーンカードを賦与する制度を始めた。
すると中国人が殺到し、ショッピングモールもレストランもゴルフ場も、中国人だらけである。
近未来には過疎化に悩む日本の地方都市でも、済州島のような措置を取り始めるのではないか。それには法改正が必要だが、いずれ背に腹は代えられなくなる気がしてならない。

2018年10月5日10時00分 東洋経済オンライン
https://news.infoseek.co.jp/article/toyokeizai_20181005_240711?ptadid=

11 :2018/10/05(金)20:52:35 ID:???

なんか属国と似てね?

9 :2018/10/05(金)19:55:59 ID:???

中国人の爆買いも買い占めも事実だし、日本の家電メーカーは海外マーケットでは勝ち目がない

5 :2018/10/05(金)13:50:37 ID:???

漏れのarrowsにはMADE IN JAPANて書いてあるな
M03だけど

10 :2018/10/05(金)20:17:26 ID:???

うるさい

日本では黙ってろそれで調度いい

8 :2018/10/05(金)19:03:22 ID:???

記事と言うより単なるプロパガンダだな

2 :2018/10/05(金)12:28:29 ID:???

何故来る(´・ω・`)

4 :2018/10/05(金)12:59:00 ID:???

スマホは中国製か韓国製しかないやん

4 :2018/10/05(金)12:59:00 ID:???

スマホは中国製か韓国製しかないやん

6 :2018/10/05(金)16:03:34 ID:???

バブルのころの日本人も似たようなもんだった
嫌な時代だったわ

3 :2018/10/05(金)12:30:22 ID:???

さすがに中国製の電化製品を使う勇気はないなあ

スポンサードリンク