色んな情報まとめサイト

昭和の子供を熱中させた「機動戦士ガンダム」 当時の私が入手できたガンプラとは

    

1 :2018/10/15(月)18:51:36 ID:paS(主)

 

昭和の熱狂を振り返るうえで避けて通れないのが「ガンプラ」だろう。もともと『機動戦士ガンダム』は1979年の放送では視聴率の低迷から本来52話だったのが、43話で終了。
ニュータイプの「シャリア・ブル」の登場があまりにもアッサリし過ぎており、横山光輝三国志における「官渡の戦い」が一コマで終わったのを彷彿とさせる。

いくら諸葛孔明を早く登場させたいとはいえ、曹操と袁紹の天下分け目の一戦がここまでシンプルに流されるとは……と思ったものである。

一方のガンダムだが、1981年の再放送ではとんでもない人気を誇り、ガンダムシリーズのプラモデルである「ガンプラ」は大人気となった。
同作の大ブレイク後、各地のおもちゃ屋やショッピングセンターではガンプラが売り出されたが、私が初めて手にすることができたのは「ムサイ」である。
(続きはソースで)

TABLO 2018.10.15
http://tablo.jp/serialization/nakagawa/news003961.html

 

3 :2018/10/15(月)19:08:13 ID:BBw

なにこの余計な2段目(´・ω・`) 

5 :2018/10/15(月)19:17:14 ID:G8P

うちのとーちゃんが買って来てくれたガンプラは、
ガンガルですらないロボダッチ。 

2 :2018/10/15(月)18:59:15 ID:paS(主)

関連動画
機動戦士ガンダム ガンプラCM
http://youtu.be/fOt6WZzd6Sw 

11 :2018/10/16(火)17:02:53 ID:No1

ヤマト世代でした
ガンダムは再放送を何回か見ましたが面白くなくて見なくなりました
今でもガンダムは理解できません 

8 :2018/10/15(月)22:01:49 ID:GoJ

俺はプラモデルはイデオンから買い始めた 

4 :2018/10/15(月)19:11:10 ID:b0z

じじむさい? 

10 :2018/10/16(火)09:08:00 ID:65G

今のガンプラはプラモじゃなくてバラバラフィギュアだよな(´・ω・`) 

13 :2018/10/16(火)20:18:20 ID:H7u

おまいら意地でもガンダム行かない気だなw 

9 :2018/10/16(火)08:25:13 ID:cEp

今にして思えば足首固定の量産型ザクがなぜか品薄だったのは謎だな 

17 :2018/10/17(水)04:07:54 ID:MHr

最近は第二次大戦時の日本の戦闘機や軍艦のプラモがなくて寂しい 

スポンサードリンク